Canon「EOS M5」を徹底レビュー – キヤノンがちょっと本気を出したEVF内蔵ミラーレス

2017年6月17日

スポンサーリンク

160914eosm5-04

主な特徴

  • 撮像素子 : 2420万画素CMOSセンサー (デュアルピクセル CMOS AF 対応)
  • 描画エンジン : DIGIC 7
  • EVF : 0.39型 236万ドット
  • 高速連写 : 9.0コマ/秒 ワンショットAF、7.0コマ/秒 サーボAF
  • フル動画 : 1920×1080 60p/30p/24p (60p約35Mbps、30p/24p約24Mbps)

基本的にキヤノンは「ミラーレスは一眼レフのサブ機である」と捉えている傾向があるため、これまでリリースされるミラーレス機には、あまり本気度が感じられませんでした。しかし、EOS M5については「ミラーレスカメラ 国内シェア No.1を目指す」との意気込みとともに発表され、その掛け声どおりちょっと本気さが感じられるスペックに仕上がっています。

基本情報

EOS M5 EOS M3
メーカー Canon Canon
発売日 2016年11月25日 2015年3月26日
参考価格 ¥112,500 ¥86,800

デザイン

camerasize.comから製品のサイズを比較しました。
canon-eos-m5-vs-canon-eos-m3-front

EOS M5 EOS M3
素材
防塵防滴
バッテリー LP-E17(1040mAh) LP-E17(1040mAh)
撮影枚数(CIPA基準) ファインダー使用時:295枚
液晶モニタ使用時:295枚
250枚
対応記録メディア SD
SDHC
SDXC
SD
SDHC
SDXC
重量
(バッテリー、記録メディア含む)
427 g 366g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
115.6 ×89.2 ×60.6 mm 115.6 x 89.2 x 60.6 mm

バッテリーグリップの予定はないとのこと。

画質とスピード

「デュアルピクセルCMOS AF」の採用で高速AFを実現。連写性能もAF追従で最高約7コマ/秒に向上

EOS M5 EOS M3
有効画素数 2,420万画素 2,420万画素
センサータイプ CMOSセンサー CMOSセンサー
センサーサイズ APS-C
(23.6 ~ 15.6)
APS-C
(23.6 ~ 15.6)
ISO感度 100 ~25600 100~12800
(拡張:100〜25600)
ローパスレス
手ぶれ補正
(5軸 5.0段)
画像処理プロセッサ DIGIC 7 DIGIC 6
RAW形式 14bit 14bit

センサーの有効画素数は約2420万画素と前モデルEOS M2と同じですが、画像処理エンジンにEOSシリーズで初の「DIGIC 7」を採用したことで常用I1280ISO2600(M3は12800)に向上。Photography Blogによるインタビューでは、キヤノンは、「描画エンジンに DIGIC7 を採用したことにより、EOS M5 は EO80D よりも少し処理能力が速く、画質が良い」とコメントしています。

オートフォーカス・連写

EOS M5 EOS M3
AF方式 デュアルピクセルCMOS AF ハイブリッド CMOS AF III 方式
AF測距点 49点 49点
測距輝度範囲 EV-1~18 EV2~18
シャッタースピード 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒
フラッシュ同調速度 1/200 秒 1/200 秒
連続撮影コマ数 9.0コマ/秒 AF固定
7.0コマ/秒 AF追従
4.2コマ/秒AF固定
2.4コマ/秒 AF追従
連続撮影バッファ JPEG:約26枚
RAW:17枚
RAW+JPEG:16枚
JPEG:約1000枚
RAW:約5枚
RAW+JPEG:約4枚
その他

前モデル「EOS M3」ではハイブリッドCMOS AF IIIによる位相差AF。EOS M5には、最大49点の測距点を持つデュアルピクセルCMOS AFを搭載し、全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねて機能するため、幅広いエリアで素早い合焦と滑らかな追従が可能となっています。
AF・AE(自動露出制御)追従で最高約7コマ/秒、AF固定では最高約9コマ/秒を実現(前モデルEOS M3のAF追従で2.4コマ/秒、AF固定で4.2コマ/秒)。

液晶モニタ

EOS M5 EOS M3
画面サイズ 3.2 インチ 3.0 インチ
ドット数 162万ドット 104万ドット
可動式モニタ チルト式 チルト式
タッチ操作

ファインダーを覗きながらタッチパネル上でAF枠を移動できる「タッチ&ドラッグAF」を搭載。液晶モニタをタッチしてAF枠の位置を指定したり、モニター上をドラッグしてAF枠を動かすことができます。

ファインダー

EOS M5 EOS M3
ファインダー 電子式ビューファインダー
ドット数 236 万ドット
ファインダー視野率(上下/左右) 100 % / 100 %
ファインダー倍率 (35mm換算)
最高フレームレート

露出コントロール

EOS M5 EOS M3
測光方式 撮像素子によるリアルタイム測光
評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
撮像素子によるリアルタイム測光
評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
測光範囲 EV1~20 EV2~18
測光モード 撮像素子によるリアルタイム測光
評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
撮像素子によるリアルタイム測光
評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
露出補正 1/3段ステップ±3段 1/3段ステップ±3段

その他撮影機能

EOS M5 EOS M3
ホワイトバランス オート
プリセット
(太陽光、日陰、
くもり、白熱電球、
白色蛍光灯、
ストロボ)
マニュアル
色温度
ホワイトバランス補正
オート
プリセット
(太陽光、日陰、
くもり、白熱電球、
白色蛍光灯、
ストロボ)
マニュアル
色温度
ホワイトバランス補正
アドバンストフィルター ラフモノクロ
ソフトフォーカス
魚眼風
油彩風
水彩風
トイカメラ風
ジオラマ風
ラフモノクロ
ソフトフォーカス
魚眼風
油彩風
水彩風
トイカメラ風
ジオラマ風
カメラ内RAW現像

動画

動画撮影でボディ内の5軸電子手ブレ補正を搭載。縦回転軸、水平回転軸、上下シフト、左右シフト、回転軸の5軸の補正に対応しており、手持ちでもブレの少ない撮影が可能となっています。
また、高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」、もしくは標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」では、すれば、レンズ側の光学手ブレ補正とボディ内の手ブレ補正を組み合わせた「コンビネーションIS」が可能です。

EOS M5 EOS M3
映像記録方式 MP4 MP4
音声記録 MPEG-4 AAC-LC MPEG-4 AAC-LC
動画記録サイズ/
フレームレート
Full HD:60p
HD:60p
VGA:30p
Full HD:60p
HD:60p
VGA:30p
フォーマット MPEG-4 AVC/H.264 MPEG-4 AVC/H.264

インターフェース

EOS M5 EOS M3
映像/音声出力・デジタル端子 Micro USB Micro USB
外部マイク入力端子 3.5mm 3.5mm
HDMI タイプD タイプC
USB充電
Wi-Fi
Buletuooth
GPS
電子水準器
内蔵フラッシュ
(GN5.0)

(GN5.0)
ホットシュー

これは買うべき?

EOS M5は、キャノンのミラーレスでは最上位モデルで、ハイアマチュアユーザーをターゲットにした製品です。EOS 80Dなどと同じデュアルピクセルCMOS AF を採用することで高速なオートフォーカスを実現しています。また、連射性能も大幅に大幅にパワーアップして、EVFも搭載。ミラーレスとしては後発ながらもバランスにすぐれた、カメラになってきました。まだまだレンズが少ないところが難点で、アダプター経由でEFレンズを利用することが前提となりそうなので、今後の充実を期待したいところです。

良いところ

・高品質な2400万画素センサー。
・タッチスクリーンによるシンプルな操作系。
・フレームの80%に測距点があること。
・物理的な操作系が充実していること。

微妙なところ

・バッテリーライフが短い。
・動画撮影での露出設定機能が限られている。
・4K動画が撮影できない。