「一眼レフ」と「ミラーレス」と「コンデジ」、結局どれを買ったらいいのか

スポンサーリンク

ここでは、初心者向けにカメラの選び方を書いてみたいと思います。

巷のカメラ屋では、とてつもない種類の製品が売られています。メーカーも多種多様で何を買っていいのか迷ってしまうのは当たり前だと思います。単に写真を残すだけであれば、スマホのカメラでも十分です。いつも持ち歩けるので、必要なときにサッと撮れて、最近の機種は画質もそこそこです。

それでもカメラを買おうと思ったのなら、それは次のような理由だと思います。

  1. 日々の思い出や子どもの写真など、高画質でいいものを残したい。
  2. 趣味としてカメラに興味を持ったので、人とは違う写真を撮りたい。(背景をボカしたやつとか、バルブ撮影とか、流し撮りとか)

カメラ初心者が何を買うかを決めるにあたって考えるべきは「レンズ交換をしたいかどうか」です。これが決まっていれば、自ずと選ぶべき製品はわかってくるはずです。

というのも、よくある話として、せっかくレンズ交換式のカメラ(一眼レフ、ミラーレス)を買ったのに、結局邪魔になって持ち歩かなくなり高いカメラが置物化している、というパターンです。
スマホとは違った凝った写真を撮ろうと思ったらレンズ交換式のカメラを使う必要がありますが、無理なく持ち歩くことができるかは、買う前に考えておきます。思ったより苦労が多いものです。

レンズ交換式のカメラなら、首からぶら下げるか、カバンに入れて持ち歩くことになりますから、それなりにかさばります。コンデジなら大きめのポケットに収まるサイズで、持ち歩きに苦労しないでしょう。

それと、レンズは高価ですので、それなりに購入費を出していくことができるかも考慮に入れます。一般に本体よりもレンズの方が価格が上です。

「レンズ交換式」カメラにすべき人

高解像の単焦点レンズで背景のボケた綺麗なポートレートを撮りたい、望遠レンズで子供の運動会の写真を撮りたい、広角レンズで風景写真を画面いっぱいに撮りたい、といったニーズを叶えたいならば「レンズ交換式」のカメラでなくてはなりません。

レンズを交換しないと撮れない絵というものは確かに存在するため、高画質の写真を等倍に引き伸ばしたり、長く保存しておきたかったり、もちろん、スマホに転送してSNSで友達と共有することもできます。

レンズ交換式のカメラには、「一眼レフ」と「ミラーレス」の2つがあります。どちらかを買うのであれば「ミラーレス」をすすめます。理由は、ミラーレス一眼の「メリット&デメリット」に詳しく書きました。

「レンズ交換式」でなく「コンデジ」にすべき人

画質はそこそこでもよく、ポケットに収まるコンパクトサイズがよければ、コンデジをすすめます。「レンズ交換式を買ったけれども、そこまでハマらずに結局同じレンズをずっと使っている」ということになりそうであれば、コンデジの方がコンパクトですし安上がりです。

しかし、注意すべきは、デジカメといっても2万円未満の安い製品ではスマホのカメラと性能が変わらないということです。スマホや安いコンデジだと、ちょっと暗い室内であったり、動いているものを撮ろうとしたりすると、ブレたりザラザラにノイズが乗ったりして、画質が落ちます。手持ちで夜景などを綺麗に撮るの難しいです。

最近は、レンズは交換できないけれども、画質は一眼レフやミラーレスに匹敵するというカメラがあります。そういった製品を「ハイエンド・コンデジ」や「高級コンパクト」と呼んだりします。それなりの値段になってしまいますが、背景をボカしたり、露出の設定を変えたりすることもできます。逆にそれ以下の製品を買うのであれば、画質でスマホに負けてしまうため持つ意味がありません。

おすすめ機種は、おすすめの「ハイエンドコンデジ(高級コンパクトデジカメ)」で紹介しています。

「一眼レフ」と「ミラーレス」の違いとは?

レンズ交換式デジタルカメラは、カメラらしい重量感のあるデザインの「一眼レフ」と、軽量・小型ボディのいわゆる「ミラーレス」の2タイプに分かれます。

「ミラーレス」という言葉は、一般の人が理解しやすいように作られた用語です。ミラーボックスと光学ファインダーを内蔵した一眼レフ(single-lens reflex)に対して、ミラーボックスがなく交換レンズが使えるデジタルカメラという意味から生まれた日本独自の呼び方になります。

という括りで言えば、ミラーがないコンパクトデジタルカメラもミラーレスに含まれることになります。ミラーレスとコンデジの境界線は明確ではなく、ニコンのようにミラーレスという言葉を使わないメーカーもあります。呼称もバラバラであり、パナソニック、オリンパスは「ミラーレス一眼」、ペンタックスリコーは「ナノ一眼」、ソニーは「デジタル小型一眼」、キヤノンは「ミラーレス」、ニコンは「アドバンスト」カメラ、富士フイルムはを「プレミアム」カメラと呼んでいます。

ちなみに、CIPA(カメラ映像機器工業会)はミラーレスに変わる言葉として、ノンレフレックスという名称を決めましたが、(まったくといっていいほど)普及していません。

一眼レフに使われる「ミラーボックス」、「光学ファインダー」とは?

一眼レフには、カメラ本体のど真ん中にミラーボックスというレフ板(鏡)の入った箱が備えてあります。ファインダーから像を見るときは、レフ板から反射された光を利用し、シャッターを切って撮影するときだけこのレフ板が上に跳ね上がり、レフ板の奥にあるセンサーに光が届くという仕組みです。また、ミラーで反射するとそのままでは倒立象になるので、「ペンタプリズム」というもので正立像にしています。

鏡がレンズに映る像をファインダーへと反射し、レンズに映る像とファインダーから見える像を完全に一致させたのが一眼レフカメラです。かつては、「二眼レフ」といってファインダー用と撮影用に2つレンズを取り付けなければならないカメラがありました。当然、それではレンズ代が2倍かかってしまうため、ミラーを使ってこれを解消した機構を、「二眼レフ」との比較から「一眼レフ」と呼ぶようになりました。

1gan

次に「ミラーレス一眼」とはその名の通り、一眼レフからミラー・ボックスの機構を取り外したレンズ交換式デジタル・カメラのことです。デジタル一眼レフ・カメラで用いるOVF(光学式ファインダー)の代わりに、EVF(電子式ファインダー)を用いることで、光学ファインダーとミラー・ボックスが不要になり、これまでの一眼レフと比べて体積と重さが比べて半分未満で済むため、カメラの小型化・軽量化が容易になります。