初心者のミラーレス一眼の選び方 & 最強おすすめランキング【エントリー編】

2017年8月27日

いま人気のミラーレス一眼のおすすめモデルについて、カメラの選び方と、初心者にも使いやすい「エントリーモデル」のおすすめ機種のランキングを一気にご紹介します。

発売されている全機種をいくつかは購入し、残りはさんざん店頭で試し、カタログスペックを飽きるほど眺め比較しましたので、その結果を紹介します。カメラ女子やカメラ初心者にも、買って後悔しない納得の一台が見つかるはずです。

これから初めて本格的なレンズ交換式カメラを買おうと思っている人。そんなにオススメなのが「エントリーモデル」のカメラです。エントリーモデルとは、カメラ初心者向けで、操作がわかりやすく、上級者向けの機能は省かれている代わりに低価格で提供されているモデルのこと。複雑な設定機能などは省略されていますが、わかりやすく間違いにくい操作性で、シャッターさえ押せばオートで撮影しやすい。ダイヤルやボタンもコンデジの延長上で、直感的に使えるデザインになっています。

もっと上のミドルやハイエンドといったスペックの高い機種にも憧れますが、価格が高いし、サイズが大きいです。さらには、上級者向けなので操作が操作がそれなりに難しかったりするので、いきなり初心者が買ってもうまく使いこなせずに終わることだってあり得ます。

もちろん、エントリーモデルであっても、ちゃんとした機種を選びさえすれば「いい写真」が撮れます。初めてのカメラに慣れて、撮影の腕を磨いて、写りに物足りなくなったときに、ミドルクラスやハイエンドクラスにステップアップすることを考えればいいと思います。

初心者のミラーレス一眼の選び方

カメラと一口にいっても、発売されているメーカーや機種の種類が多すぎて、どの製品を選んでよいか迷ってしまうと思います。エントリーモデルだけでも10機種ほど出回っています。

各メーカーともにスペックや機能などで強みを宣伝しています。カメラには当然ながら製品の優劣がありますが、良くも悪くもそういった説明は専門用語も多く、初心者には製品の善し悪しを判断するのはなかなか難しいでしょう。

そこで、まずは、ざっくりカメラ購入に際して知っておいて欲しいポイント3つを簡潔に解説します。ちょっと小難しい話もあるかもしれませんが、これだけ知っておけば必要な知識としては十分です。今からご紹介するポイントに”ビビッと”くるかどうかを確認してみてください。

また、解説でふれる3つのポイントをふまえたおすすめ順の「最強ランキング」を作成しました。結論だけ知りたい人はそこまで読み飛ばしてもかまいませんが、できれば3つのポイントをちゃんと理解してからのほうが納得感はあると思います。

カメラ選びのポイント① コンパクトであること

カメラ初心者によくありがちな、よく聞く話は、せっかく買っても「重くてかさばるから」という理由で持ち歩かなくなること。スマホや安い(写りの悪い)コンデジと違って、レンズ交換式のカメラはそれなりにかさばります。ですので、バッグへの収納性が高くて、持ち歩きが苦にならない、できるだけコンパクトで軽い機種を選ぶことがポイントです

コンパクトで軽い機種は、ボディの質感や高級感は落ちます。エントリーモデルは上級者向けの機能が省かれているものなので、軽いものがほとんどですが、だからといって画質が落ちるとは限りません。(一部、コンパクトで値段も安い、かつ”画質も低い”カメラもあるので、その見極め方はポイント②で解説します)。

レンズ交換式カメラには、「ミラーレス」と「一眼レフ」の2種類がありますが、コンパクトという意味では、初心者は「ミラーレス一眼」を選ぶのがおすすめです。ミラーレス一眼の中でも機種によって、重さに差があるので、できるだけ軽い機種を選びましょう。

なお、「ミラーレスと一眼レフってなにが違うの?」という方は、次の記事を参考にしてください。

カメラ選びのポイント② 画質が良い(=イメージセンサーが適度に大きい)こと

レンズ交換式カメラは、安いものでは3万円から、高いものでは50万円以上まで様々あります。初めて買うにはそこまでハイスペックのものを求める必要はないのですが、あまりに安すぎる機種を選んでしまうと、そこらのスマホのカメラの方が高性能、ということもあります。

【参考】
カメラを買おうと思ってヨドバシに行き「予算3万で」と言ったら「そのiPhoneのカメラがいいっすよ」と言われた…『さすがヨドバシ良心的対応!!』
https://togetter.com/li/1120619

では、カメラの画質の良いを左右するものとは何でしょうか?それはズバリ「イメージセンサーの大きさ」です。イメージセンサー周りがしっかりしていれば、写真の質が落ちるというものではありません。これについては、しっかり理解したうえで、妥協せずに最低限のスペックは確保するようにしてください。

イメージセンサー」(撮像素子、撮像センサー)とは、カメラにはレンズから入った光を受ける部品のことです。レンズを外したときに、正面に見える”四角い物体”のことです。サイズとは、目で見える物理的な大小(縦×横の面接)そのもののことです。

イメージセンサー
via SONY

イメージセンサーは、写真の善し悪しを決めるもので、メーカーや機種のよって多少の差はあるものの、イメージセンサーのサイズが大きければ大きいほど、画質は良くなります。サイズが大きいと、それだけセンサーが取り込むことのできる光の量が増えるためです。

「コンパクトで低価格なカメラだと、画質が悪い」ということはありません。しかし、「イメージセンサーが大きくないカメラだと、画質は悪い」といっても過言ではありません。

 

(厳密にいえば各社のソフトウェア的な画像処理エンジンの質によっても画質は変わります。かつてはフジフィルムやキヤノンが発色が良いだの云々の話はあるにはあったのですが、センサーサイズの違いから比べれば五十歩百歩のレベルといえます)

イメージセンサーの大きさの規格は、主には下の図の5種類があって、左に向かって大きくなるにつれ、画質が高いものになります。

イメージセンサーのサイズ

スマートフォンやコンパクトデジカメ(高級機を除く)に採用されているものは、「1/2.3型」という大きさのものです。ミラーレス一眼や一眼レフで標準的に使われている「APS-C」のセンサーは、「1/2.3型」の約「14倍」の面積比であり、同じ画素数を詰め込むのであれば1画素あたり14倍の受光量となります。この受光量の差が、画質の差につながります。

さらに大きな規格ですと「フルサイズ」というイメージセンサーがあります。ただ、「イメージセンサーが大きいほど画質がよくなる」という事実がある一方で、「大きければ大きいほど良いか?」といわれるとそう単純でもありません。

たとえば、35mmフルサイズと呼ばれる大きなセンサーを積んだカメラの場合、本体のサイズも巨大化するため、重くて携帯性が犠牲になります。大きいものだと本体だけで1キロを超えるので、気軽に持ち運ぶことには適しません。また、設計の都合でレンズを小さく作ることが難しくなるため、35mmフルサイズに対応するレンズも巨大に。。さらに、カメラ本体の値段がべらぼうに高いです

35mmフルサイズセンサーの代表モデルの価格(ボディのみ)

  • キヤノン「EOS 5D IV」・・・¥385,465〜
  • ニコン「D810」      ・・・¥239,770〜
  • ソニー「α7R II」         ・・・¥377,971〜

また、「大は小をかねる」とも言いますが、フルサイズのイメージセンサーを積んだカメラは高価過ぎますし、使いこなせるかという意味においても初心者にはオーバースペックです。プロ向けの仕様になるので操作系もかなり複雑なので、かえって使いにくいでしょう。

そういったことを考えると、素人が買うカメラであれば、”適度な”大きなのイメージセンサーを積んだカメラで、ある程度の画質が得られるものが最適なチョイスとなります。結論としては、「APS-C」と「マイクロフォーサーズ」と呼ばれる大きのセンサーサイズが適当です。

ボディの種類 重さ 値段 画質
マイクロ
フォーサーズ
◎軽い
入門クラスは
○良い
APS-C ○普通
入門クラスは
○良い
35mm
フルサイズ
☓重い △高い ◎さらに良い

「APS-C」と「マイクロフォーサーズ」であれば、お値段も手頃で手の届く範囲には収まりますし、画質もちゃんとしています。かたや、1型や2/3型のような小さすぎるイメージセンサーのカメラですと、スマホと代わり映えしない画質になってしまいますので、ご注意を。

カメラ選びのポイント③ レンズが充実していること

レンズの種類

レンズ交換式カメラを購入する際に検討するとき、どうしてもカメラの性能だけで比較しがちですが、実はもうひとつ大事なものがあります。豊富なレンズが揃っているかどうかです。

というのも、写真の画質はレンズの描写性能にも大きく依存するからです。いくら高性能なイメージセンサーを搭載したカメラであっても、ショボいレンズを使っていては、ショボい写真しか撮れないと考えたほうがよいです。

また、カメラの種類が豊富であると、被写体を大きく写せる「マクロレンズ」や、背景をぼかすことができる「単焦点レンズ」、広く背景を写すことができる「広角レンズ」などをカメラと組み合わせることで、スマホやデジカメとはひと味もふた味も違った、バリエーションのある構図の写真が撮れるようになります。

交換レンズのマウントは、基本的に各メーカー専用です。例外として、マイクロフォーサーズだけはメーカーを超えて(パナソニックとオリンパス)共通規格を定めたレンズシステムを共有しています。が、その他のメーカーは、ソニーはソニー用のレンズ(Eマウント)、キャノンはキャノン用のレンズ(EFマウント)、ニコンはニコン用のレンズ(Fマウント)にしか使えません。(なお、マウントアダプターというものを介せば他マウントも使えないこともないですが、いくつか課題が残ります)

よって、いくらカメラ本体の性能が高くても豊富なレンズラインナップを提供してなければダメなわけです。どのくらいレンズのラインナップがあるか、これから多くのレンズを発売していく予定があるか、も含めて検討する必要があります。

おすすめランキング

これらの選定基準の結果、発売中の全機種の中からエントリーモデルの機種を厳選し、スペックの比較表を作成しました。

主に次の5つの観点から比較しています。

  • 画質:写真のシャープネスさや色合い、オートフォーカスのピント合わせの速さが良好か。
  • 軽さ:重量やサイズが小さくて携帯するのに適しているか。
  • 機能性:バッテリー、液晶モニターやファインダーの性能、操作性などは良好か。
  • レンズ:対応マウントのレンズ数や質は十分か。
  • 価格:価格がスペックに見合っているか、コスパが高いかどうか。

おすすめランキング

  画質 軽さ 機能性 レンズ 価格 総合点
OLYMPUS
E-M10 II
9 8 9 9 8 43点
Panasonic
GF9
8 8 8 9 8 41点
SONY
α5100
9 8 8 7 8 40点
OLYMPUS
E-PL8
8 7 7 9 7 38点
FUJIFILM
X-A3
9 7 8 6 7 37点
Canon
EOS M10
9 7 6 4 6 32点
Nikon
Nikon1 J5
6 8 7 3 6 30点
Pentax
Q-S1
6 8 7 2 7 30点

 

第1位「オリンパス OM-D E-M10 II」

  オリンパス
OM-D E-M10 II
有効画素数 1,605万画素
センサーサイズ マイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
手ぶれ補正
(5軸:4段分)
オートフォーカス
連続撮影 8.5コマ/秒
無音シャッター
(電子シャッター)
電子ファインダー
(236万ドット)
モニター 104万ドット
チルト可動
上180°
タッチパネル
動画 Full HD/60p
撮影枚数
(バッテリー)
400枚
重さ 399g
Wi-Fi
実勢価格
(本体のみ)
約50,000円
実勢価格
(レンズキット)
 約60,000円  

オリンパスのミラーレス一眼は、初心者向けの「PENシリーズ」と中級者以上向けの「OM-Dシリーズ」があります。OM-D E-M10 Mark II は、中級者以上向けのカメラのOM-Dシリーズにもかかわらず、399gと軽量コンパクトでカバンにも収納でき、値段も手頃で、間違いなくオススメできる一台です。

ダイヤル操作は初心者でもわかりやすく、入門者向けにも十分に使いこなせる操作系です。ボディは液晶モニターのみならず、ファインダー越しの撮影にも対応。236万ドットの電子ビューファインダーも搭載して、この軽量さはなかなか脅威です。視認性は良好で、背面の液晶モニターとの切替もスムーズです。

画質では、1605万画素のイメージセンサー(マイクロフォーサーズ)を搭載し、特筆すべきは最上位モデルの同様の「5軸手ぶれ補正」も搭載しあるため、暗所や望遠撮影でも強力にブレを補正してくれて、初心者でも難なく撮影できるでしょう。8.5コマ/秒の連写やオートフォーカス性能も申し分なく、ストレスと感じさせない基本スペック。

21種類のアートフィルターとエフェクト機能が用意されており、いろいろな趣向の写真も楽しめるでしょう。また、電子シャッターによる無音シャッター機能もあり、シャッター音を出すことがはばかれる場面でも、気兼ねなく撮影できます。

実写サンプル

OM-D E-M10 II 実写サンプル
via Olympus
OM-D E-M10 II 実写サンプル
via Olympus
OM-D E-M10 II 実写サンプル
via Olympus

総評

OM-D E-M10 IIは、電子ビューファインダーや静音シャッター機能、5軸手ブレ補正まで搭載されており、基本スペックが高いカメラ。ファインダーは他メーカーのエントリーモデルでは省略されていますが、E-M10 IIは標準装備されていてさらに価格も安いという、初心者にも嬉しいカメラです。オリンパスの入門モデルであるPENシリーズと違ってファインダーが搭載されており、しかも発色の良いOLED仕様というのも嬉しいポイント。

対応レンズマウントのマイクロフォーサーズは、発売されているレンズ本数もミラーレス一眼の中では最も多く、初心者向けの低コストのラインナップも豊富なため、欠点なしでオススメできる機種になります。

最安値を探す

 

第2位「パナソニック GF9」

 

  Panasonic
GF9
有効画素数 1,605万画素
手ぶれ補正 なし
(レンズ側対応)
オートフォーカス コントラストAF
(49点)

連続撮影
(AF固定)

10コマ/秒
ISO
(拡張)
200~25600
(100~25600)
シャッター 1/16000秒
モニター 104万ドット
チルト可動
上180°
タッチパネル
動画 4K/30p
(約30分まで)
撮影枚数
(バッテリー)
210枚
重さ 269 g
Wi-Fi
レンズマウント マイクロ
フォーサーズ
(計70本)
実勢価格
(レンズキット)
約70,000円
備考  

第2位は「パナソニック GF9」です。GF9は自撮りにも強い外観で、とても軽く、価格が7万円前後というコスパに優れた機種です。キットレンズに標準ズームと単焦点レンズの2本が付いていて、これらをレンズ単体で買うと4万円ほどになるため、かなりお買い得といえます。重さは 269gしかなく、まったく荷物になりません。

画質面では、マイクロフォーサーズセンサーという、一眼レフカメラのAPS-Cサイズよりも小さなものとなります。しかし、高感度のノイズも少なく、ディテールも豊富で、十分に優れた画質がえられます。全22種類のフィルターも用意されており、撮影機能も十分です。さらに4K動画の撮影も可能です。

最大の特徴は、上方180度まで回転するチルト液晶モニター。液晶モニターを反転すると撮影モードが勝手に自分撮り専用のモードに切り替わり、セルフタイマーでの複数枚撮影や美肌モードのオンオフなどが選べるようになります。

交換レンズは一般的にカメラと同じメーカーのものしか使えません。GF9は、オリンパスと共通のマイクロフォーサーズ規格であるため、どちらのメーカーのレンズも使えます。そのため他のメーカーよりも選べるレンズが豊富で、エントリー向けからプロ向けまで充実しています。

実写サンプル

via Panasonic
via Panasonic
via Panasonic

最安値をさがす

 

第3位「ソニー α5100」

sony α5100

 

  SONY
α5100
有効画素数 2,430万画素
手ぶれ補正 なし
(レンズ側対応)
オートフォーカス ファスト
ハイブリッドAF
(179点)

連続撮影
(AF固定)

6.0コマ/秒
ISO
(拡張)
100〜25600
シャッター 1/4000
モニター 104万ドット
チルト可動
上180°
タッチパネル
動画 FHD/60p
(20分まで)
撮影枚数
(バッテリー)
400枚
重さ 283g
Wi-Fi
レンズマウント Eマウント
(16本)
実勢価格
(レンズキット)
約60,000円
備考  

 

第3位の「α5100」は、APS-Cサイズの撮像素子を採用するソニーのEマウント機のエントリーモデルです。APS-Cサイズの約2430万画素CMOSセンサーを、画像処理エンジンに「BIONZ X」を採用し、のセンサースコア(DxOMark)は「80」で、これは一つ上位モデルの「α6000」のスコア(82)と同等の数値です。オリンパスやパナソニックよりも暗所での撮影に強く、ノイズが少ない綺麗な写真が撮れます。

もうひとつ特筆すべきはオートフォーカスのスピードで、撮像素子面に埋め込まれた位相差検出AFセンサーとコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAF」です。これまでの99点から179点に位相差検出センサーが増えて、ほぼ全画面をカバーできるようになりました。これにより、AF速度や追従性が向上し、遊びまわる子供や動物などを撮影するには十分な性能です。

さらに小型軽量でバッテリーライフも申し分ないのですが、欠点としては交換レンズが少ないことです。ソニーはプロユース向けの高級レンズ(10万円以上とか)は充実してきているのですが、初心者が気軽に買えるエントリーレベルの交換レンズがまだ充実しておらず、ライバルメーカーには劣っていると言わざるを得ません。マクロや望遠や単焦点などレンズを増やしていきたい場合は、それも考慮に入れたほうがよいでしょう。

実写サンプル

via Sony
via Sony

最安値をさがす

 

第4位「オリンパス PEN Lite E-PL8」

  OLYMPUS
E-PL8
有効画素数 1,605万画素
手ぶれ補正
(3軸 3.5段)
オートフォーカス ハイスピード
イメージャAF
(81点)

連続撮影
(AF固定)

8.5コマ/秒
ISO
(拡張)
100~1600
(100~25600)
シャッター 1/4000
モニター 104万ドット
チルト可動
上180°
タッチパネル
動画 FHD/30p
(約30分まで)
撮影枚数
(バッテリー)
350枚
重さ 374g
Wi-Fi
レンズマウント マイクロ
フォーサーズ
(計70本)
実勢価格
(レンズキット)
約75,000円
備考  

 

第4位となったのは「オリンパス E-PL8」です。画質と携帯性とコストとで、バランスが素晴らしい機種です。エントリーモデルですが、イメージセンサーにはオリンパスPENシリーズの上位モデルにあたるOM-Dと同じ素子を搭載し、さらにボディ内手ぶれ補正もあり、画質にはかなり定評があります。解像感はシャープであり、高感度撮影でもISO1000を超えても実用可能なレベル。さらに、アート系フィルターの元祖だけあり、14種類のフィルターが用意されています。

ボディは374g(バッテリー、メモリーカード含む)、ライバル機種と比べると重くみえますが、これは本体にはボディ内手ぶれ補正が搭載されているためであり、それを考えると十分な軽さです。携帯するのに苦になる重さではありません。

さらに、標準で装備されているグリップは着脱可能で、ホールド感も十分でした。フラッシュは付属するも、内蔵はされておらず着脱式です。その他、モードダイヤルも搭載し、操作性も初心者には申し分ありません。180度の反転するため自分撮りも可能です。

実勢価格はかなり割安で、キットレンズ付きでも7万5千円前後です。総合的にみるに、高機能に加え価格も手頃で隙のない製品に仕上がっているといえます。

実写サンプル

via OLYMPUS
via OLYMPUS
via OLYMPUS
via OLYMPUS

最安値をさがす

 

第5位「富士フィルム X-A3」

X-A3

 

  FUJIFILM
X-A3
有効画素数 2,420万画素
手ぶれ補正 なし
(レンズ側対応)
オートフォーカス コントラストAF
(77点)

連続撮影
(AF固定)

6.0コマ/秒
ISO
(拡張)
200-6400
(100〜25600)
シャッター 1/32000秒
モニター 104万ドット
チルト可動
上180°
タッチパネル
動画 FHD/60p
(14分まで)
撮影枚数
(バッテリー)
410枚
USB充電
重さ 339g
Wi-Fi
レンズマウント Xマウント
(25本)
実勢価格
(レンズキット)
約65,000円
備考  

第5位はFUJIFILM X-A3です。富士フィルムのカメラは、画質が綺麗で、フィルムメーカーならではの「色」へのこだわりがポイントです。人肌を綺麗に撮るなら随一の性能といえます。暗い場所でノイズのなさもトップクラスで、画質にこだわるなら定評のある一台です。

欠点としては、エントリー向けレンズ(XCシリーズ)が少ないことがあります。ハイエンド向けのXFレンズはラインナップが豊富で、ものすごく充実しているので、中級者以上にはおすすめできます。ただし、それらは価格がやや高く初心者には手を出しづらいところがあります。

ランキング第6位以下 「Canon EOS M10」「Nikon1 J5」「Pentax Q-S1」

第6位以下の「Canon EOS M10」、「Nikon1 J5」、「Pentax Q-S1」になります。これらについては、現時点では正直オススメできません。

一眼レフではキヤノンとニコンが2強と言われています。ミラーレス一眼においてもカメラ本体の性能でいえば、老舗メーカーだけあって、画質やデザイン、コンパクトさなどでは申し分ない機種を発売しています。

が、もったいないことに対応するレンズの本数があまりに少なく、レンズ交換式カメラの醍醐味が帳消しになってしまっています。というのも、基本的には、キヤノンとニコンは一眼レフで大きなシェアを持っているため、初心者向けにはミラーレスを売って、慣れた頃には一眼レフに移行してもらいたいと考えている節があり、なかなかミラーレスのレンズ群が充実してきません。

すごい勢いで新レンズを投入しているソニー、オリンパス、パナソニック、富士フィルムと比べると、ミラーレスへの傾注度が低いようで、高品質のレンズを開発するメーカーだけに残念です。

また、ペンタックスは、レンズ本数が最も少ないうえに、ミラーレス一眼そのものを今後もリリースしていくか態度ははっきりしておらず、現時点で購入は正直オススメしません。