カメラ上級者に聞く、ミラーレスと一眼レフのメリット&デメリットとは!?

2017年2月11日

スポンサーリンク

ミラーレスと一眼レフの比較について興味深い記事が投稿されました。以下、要約。

アイシェアは25日、ミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラのメリットとデメリットに関する意識調査の結果を発表した。一眼レフカメラの利用経験が3年以上あり、ミラーレス一眼カメラのスペックなどについての知識がある30代以上のカ メラ上級者1,144名から有効回答を得た。

まず、ミラーレス一眼カメラの利点を尋ねたところ、最も多かった答えは「小型軽量」で75.7%。以下、「一眼レフカメラよりも安 価」(39.1%)、「ミラーショックがない」(30.2%)と続いた。欠点として、「レンズの種類が乏しい」(39.2%)、「オートフォーカス速度が 遅い」(30.1%)、「精密なマニュアルフォーカスが難しい」(28.9%)などが、上位に挙がった。

一方、一眼レフカメラの利点は、「レンズの種類が豊富」が最多の79.7%を獲得。続いて、「光学ファインダーなので瞬間を捉えやす い」(49.2%)、「シャッターの感触が気持ちいい」(40.9%)との順になった。欠点は、「本体が大きく重い」(74.1%)、「価格が高 い」(55.2%)などが上位に入った。

ミラーレス一眼カメラを現在所有しているまたは所有したことがある209名に、所有前にどんなことを期待していたかを質問すると、「小型軽 量」(61.7%)、「操作が簡単」(42.6%)、「一眼レフカメラよりも安価」(34.4%)といった機能面以外の要素を求める声が目立った。また、 実際に使用した後、これらの期待していた項目に満足度の点数をつけてもらったところ、「80点」(64.1%)との評価を得た。

期待していた点以外でミラーレス一眼カメラのがっかりした点として、「オートフォーカス速度が遅い」(30.1%)、「レンズの種類が乏し い」(28.7%)、「バッテリーの消費が早い」(25.8%)などが挙げられている。

総じて、ミラーレス一眼のデメリットとは、将来的なデバイス価格の下落や、性能向上でいずれにせよ改善される見込みのあるものばかりだと思います。現状ある問題としてオートフォーカスの速さ、レンズの種類、どちらも時間が解決してくれることでしょう。バッテリーの消費については、ファインダーの性質上は一眼レフに勝つことは原理的にありえませんが、バッテリーの性能向上により気にならない程度にコモディティ化するのではないでしょうか。