Leica「Leica T」

Leicaからこのアルミ削り出しボディのミラーレス一眼「ライカ T」が発表されました。3.7インチの大きなタッチスクリーンとWi-Fiが搭載され、価格は237,600円(税込)と、APS-Cにしてはかなり値段の貼ります。

ライカのカメラは、クラフツマンシップと品質にこだわる人に向けられており、昔ながらのカメラを求める人にはたまらない製品です。

001

新開発のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載するミラーレスタイプのレンズ交換式デジタルカメラ。ボディはアルミ削り出しで、流線型のフォルムが採用されています。

新たなタッチインターフェースも作り出し、背面の液晶モニターのタッチ操作のほか、タッチパネル以外の操作部も使いやすい配置で並んでいいます。

また、ライカ製のレンズ交換式カメラとして初めてWi-Fi機能を搭載。撮影した画像や動画をワイヤレスでスマートフォンやタブレット端末へ転送できるほか、iOS用アプリ「Leica T app」を使用してスマートフォンからリモート操作することもできる。

主な仕様

カメラマウント:ライカTバヨネットマウント
撮像素子:有効1,630万画素のAPS-Cサイズ(23.6×15.7mm)CMOSセンサー、対応感度がISO100~ISO12500
シャッター速度:が30~1/4,000秒
背面のモニター:130万ドット・3.7型の液晶方式(タッチパネル)
16GBのメモリを内蔵するほか、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、マルチメディアカード対応のカードスロット
記録形式:静止画がJPG superfine、JPG fine、DNG + JPG superfine、DNG + JPG fine、
動画:MP4、動画の記録画素数は最大1,920×1,080ドット(フルHD)/30fps。
バッテリー:リチウムイオン充電池、CIPA準拠の撮影可能枚数は約400枚。
本体サイズ:約W134×D33×H69mm、質量はバッテリーを含まない状態で約339g、バッテリーを含む状態で約384g

レンズ

002

ライカ Tバヨネットマウント用の標準ズームレンズ「バリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.」、コンパクトな大口径レンズ「ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH.」もリリース。価格はバリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.が210,600円、ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH.が243,000円(いずれも税込)。

今のところTシステムは2種類のみですが、今後もライカ T用のレンズを順次拡張予定。2014年9月にドイツで開催される「フォトキナ2014」にて、広角ズームレンズ「ライカ スーパー・バリオ・エルマーT f3.5-4.5/11-23mm ASPH.」、望遠ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/55-135mm ASPH.」を発表する予定とのこと。

レビュー

Steve Huff PhotoにLeica T Type 701 のレビューとサンプル画像が掲載されています。
L1000334-680x470

L1000512-680x451

  • 1周間ほどLeicaT Type 701を使用する機会にめぐまれたのだが、シャッターを押すたびに喜びを感じさせてくれるカメラであった。ソニー、富士フイルム、オリンパス、パナソニックなどのミラーレス機とはまた違う趣があり、これまでのライカのデジタルカメラの良さを継承しつつ、新しい体験を与えてくれるカメラに仕上がっている。
  • Leica Tは、ドイツで生産されたアルミニウム製ユニボディを採用して、他のカメラとは一味違う高品質のカメラといった感じがする。
  • 価格はボディのみで1900ドル。この値段で本物のライカを手に入れる事ができる。
  • 新たなラインナップされたTマウントが採用されているが、マウントアダプターでMマウントレンズも使用可能。
  • 背面にはボタンが一切なく、スマートフォンのようにタッチで操作を行う。タッチパネルの操作感はとてもスムーズで、素早く直感的に使用できる。
  • 日本で生産されるTレンズシステムは、18-56mm F3.5-F5.6、23mm F2 ともに隅々まで極めてシャープで、歪曲も少ない。ほぼ完璧なレンズといえる。
  • 描写性能はライカMの性能には達していないが、Mレンズを使用するとかなり近い画像を得ることができる。
  • AFスピードは、ライカの中では最速であるが、オリンパス OM-D E-M1との比較では負ける。富士フイルム X100S / X-T1 以前の古い機種と同じぐらいの性能といえる。

<短所>

  • 最速シャッタースピードが1/4000秒で、1/8000秒ではない
  • EVFが内蔵されていない。外付けはEVFは600ドルもするのに、オリンパスや富士フイルムのEVFより小さい
  • カメラ、レンズともに手振れ補正機構でない
  • 可動液晶パネルはない
  • スポーツなどの動体撮影には向かない
  • 暗いところではAFが焦点を探すことがある
  • Tレンズが高い
  • 起動が長い(1秒ぐらいかかる)

Steve Huff Photo : The Leica T (Type 701) Unibody Digital Camera Review

サンプル画像が見られるサイト

Photography Blog
Leica T とVario-Elmaer-T 18-56mm F3.5-5.6 で撮影したISO100-12500までの89枚のサンプル画像が掲載されています。ただし、高感度はISO1600を超えるとノイズが目立ち始めており、他メーカーと比べて優れているとは言えない気がします。

ライカTレヴュー:カメラはただの贅沢品ではなく、ツールであるべき(GIZMODO JAPAN)
辛口評価です。「買うべき?ノー。見せびらかすため、ステータスのためじゃない限り、ライカTより優れたカメラはたくさんあります。ソニーαシリーズ、オリンパスOM-D、富士フィルムXシリーズなど、ライカに比べればはるかに安く、ほぼ全ての要素で優れたカメラが手に入ります。ライカが多くのファンを持つメーカーだけに、とても残念な結果。今までライカはシンプルでありながらも、とても使いやすいデザインでカメラマン達を魅了してきました。ライカTは、今までの伝統を引き継ぐことはできず。ただの贅沢な飾りでしかなくなってしまいました。」