「動画撮影」に最適なミラーレス一眼

2016年8月17日

スポンサーリンク

動画撮影に最適なミラーレス一眼

パナソニック GH4

いわずと知れた4K動画も撮影可能な動画撮影に特化したミラーレス一眼です。1720万画素4/3型 Live MOSイメージセンサーと、画像処理エンジンである「ヴィーナスエンジン」を搭載したパナソニックのミラーレス一眼「LUMIX G」シリーズの最上位モデルです。

4K(100Mbps)、FHD(200Mbps)、10bit 4:2:2HDMI出力等、超ハイスペックな動画撮影機能に加え、映像制作の業務用インターげイスユニット(XLR端子、HD-SDI端子付)も用意されており、ほとんどプロ向けです。もちろんスチル撮影用としても存分に性能を発揮できることから、写真愛好家で映像撮影愛好家であれば注目の一台でしょう。

本機で撮影されたイメージ映像を見るに、さすがに表現力には精細さが感じられ、パンフォーカスでシャープな映像でも、ボケ味を活かした絵も、取りこぼしません。

その他、新しい機能である「動画フォトスタイル」では、映画のような映像に仕上げてくれる「シネライクD」、コントラスト重視の動画に仕上げてくれる「シネライクV」など豊富なスタイルで映像が撮影できる。

表現力には申し分ないミラーレス一眼となっています。しかし、いささか趣味性の高いプロ向け機材で、動画初心者の選択肢としては厳しいように思いました。手ぶれ補正がないためしっかり固定しないと、ポテンシャルを発揮できません。ピタリと揺れがなくなるビデオカメラと違であれば手持ちで撮影してもそれなりのモノにはなりますが、解像度が高いだけに、GH4では粗が目立ってしまいます。

ですので、初心者が動画機能だけを目的に購入にするにはハードルが高く、もったいない機種です。スチル撮影用にも使うということであれば、気の向いた時に映像機材と組み合わせて使うという用途ならアリだと思います。


PAGE TOP