OLYMPUS「PEN E-PL8」- デザインに徹底的にこだわった女子向きミラーレス

2017年4月22日

スポンサーリンク

主な特徴

  • 1605万画素 4/3型 Live MOS センサー
  • 洗練されたデザインに刷新
  • 3軸手ぶれ補正機構 3.5段分の効果
  • 3型液晶 3:2 104万ドット タッチパネルと180反転のチルト式
  • 短いショートムービーと音楽を組み合わせて映像を作る「クリップス」
  • 動画撮影でもエフェクト機能が利用できる「アートフィルタームービー」
  • ピントと露出は連写1コマ目固定で7.4コマ/秒 IS Off時に8.5コマ/秒

カメラの基本性能は、E-PL7とほとんど同じ。ただし、デザインに磨きをかけて女子にも持ち歩きやすいフォルムになっています。

変わったところは、デザインが洗練されたこと、連写が少しだけ早くなったことと、「動画用セルフィーモード」を搭載したこと、複数の短いショートムービーと音楽を組み合わせた映像を作る「クリップス」が追加されたこと

基本情報

 E-PL8
メーカーOLYMPUS
発売日2016年11月1日
参考価格
(ボディのみ)
7万5000円前後

デザイン

 E-PL8
素材 
防塵防滴
バッテリーBLS-50
撮影枚数(CIPA基準)350枚
対応記録メディアSDHC
SDXC
(UHS-I対応)
重量
(バッテリー、記録メディア含む)
374g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
117.1 x 68.3 x 38.4mm

E-PL8は、「OLYMPUS PEN」のロゴの箔押し、ボディ上部のアルマイト処理、金属素材のダイヤルなど、新たな配色などデザイン性を重視。ダイヤル素材をはじめ金属パーツも多用され、持ったときに高級感を感じられる造り。

ボディカラーはホワイト、ブラック、ブラウンの3色。同梱のストラップなどは、各ボディカラーに合わせた配色がされており、革調素材も、ボディカラーごとに異なるというこだわりよう。

01_s

02_s

03_s

画質とスピード

イメージセンサー・画像処理

 E-PL8
有効画素数1605万画素
センサータイプ4/3型 Live MOS
センサーサイズマイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
ISO感度100~1600
(拡張 100~25600)
ローパスレス
手ぶれ補正
(3軸 3.5段)
画像処理プロセッサTruePic VII
RAW形式12bitロスレス圧縮

オートフォーカス・連写

 E-PL8
AF方式ハイスピードイメージャAF
AF測距点81点
測距範囲EV -2~20
シャッタースピード1/4000~60 秒
電子先幕シャッター
(1/320~60秒)
フラッシュ同調速度1/250 秒
連続撮影コマ数8.5コマ/秒
連続撮影バッファJPEG:64枚
RAW:16枚
その他 

「E-PL7」は最高8.0コマ/秒の連写性能でしたが、「E-PL8」は最高8.5コマ/秒で、少しだけ高速になりました。

液晶モニタ

 E-PL8
画面サイズ3.0 インチ
ドット数104万ドット
可動式モニタチルト式
(上 80度、下 180度)
タッチ操作

09_s

E-PL7と同じく、液晶モニターはセルフィーに特化したデザインになっています。下方に180度回転して指の写り込みを気にせず、自撮りができます。ボディ前面のグリップについても、自撮りを意識した形状とのこと。

露出コントロール

 E-PL8
測光方式324分割デジタルESP測光
中央部重点平均測光
スポット測光
スポット測光ハイライト
スポット測光シャドウ
測光範囲EV -2~20
測光モード 
露出補正±5 EV

その他撮影機能

 E-PL8
ホワイトバランスオート
プリセット(7種)
ワンタッチWB(4件登録可)
CWB(色温度指定)
アドバンストフィルターポップアート
ファンタジックフォーカス
デイドリーム
ライトトーン
ラフモノクローム
トイフォト
ジオラマ
クロスプロセス
ジェントルセピア
ドラマチックトーン
リーニュクレール
ウォーターカラー
ヴィンテージ
パートカラー
カメラ内RAW現像

動画

 E-PL8
映像記録方式MOV(MPEG-4AVC/H.264 )
AVI(Motion JPEG)
音声記録Waveフォーマット準拠
動画記録サイズ/
フレームレート
Full HD:30p
HD:30p
SD:30p
フォーマット 

インターフェース

 E-PL8
映像/音声出力・デジタル端子USB2.0
外部マイク入力端子 
HDMIタイプD
USB充電
Wi-Fi
Buletuooth
GPS
電子水準器
内蔵フラッシュ
(GN 10.0)

これは買うべき?

カメラの基本性能は、前モデルのE-PL7と同じと考えて間違いありません。ストラップなどの付属品も含めてデザインにはかなりこだわっていて、ファッション性も高い作りになっています。前モデルとの間に価格差が2万円ほどありますので、単純にデザインの好き嫌いが判断材料になると思います。エントリークラスのセルフィー(自撮り)ができるカメラが欲しいというだけであればE-PL7で十分です。
でも、カメラ自体を持つことに喜びを感じられるかというのも、訴求点になると思います。

良いところ

・セルフィー(自撮り)に特化したチルト液晶モニター
・エントリークラスにしては高級感のあるボディ
・連写が速い

微妙なところ

・カメラの基本性能はE-PL7と同じだが2万円ほど高い
・ボディが少し重い

OLYMPUS PEN Lite E-PL88
by カエレバ


PAGE TOP