Panasonic「Lumix DMC-G8」を徹底レビュー – 4K動画に対応、手ぶれ補正も進化

2017年6月17日

主な特徴

g8

  • 進化した手ブレ補正システム「Dual I.S. 2」
  • ローパスフィルターレスの撮像素子
  • EVFの倍率が0.74倍に(G7は0.7倍)
  • マグネシウム合金のボディで防塵防滴に

基本情報

G8 G7
メーカー Panasonic Panasonic
発売日 2016年10月21日 2015年6月25日
参考価格
(ボディのみ)
11万円前後 5万円前後

デザイン

camerasize.comから製品のサイズを比較しました。
G8

G8

G8

G8 G7
素材 マグネシウム合金 プラスチック
防塵防滴
バッテリー DMW-BLC12
(1200mAh)
DMW-BLC12
(1200mAh)
撮影枚数(CIPA基準) モニター時:330枚
ファインダー時:320枚
モニター時:350枚
ファインダー時:360枚
対応記録メディア SD
SDHC
SDXC
SD
SDHC
SDXC
重量
(バッテリー、記録メディア含む)
505 g 410 g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
128.4 x 89.0 x 74.3 mm 124.9 x 86.2 x 77.4 mm

外観はG7と似ているものの、ボディ素材はマグネシウム合金を採用。防塵・防滴化したことに加え、プラスチックのG7とは高級感に違いがあります。

ボディサイズは少しだけ多くなっていて、重さも95g増えていますが、これはボディ内手ブレ補正機構を搭載したことなどによります。撮影可能枚数(CIPA規格)は、液晶モニター撮影時で約330枚、ファインダー撮影時で約320枚。省電力ファインダー撮影設定時には約800枚の撮影が可能とのこと。

画質とスピード

イメージセンサー・画像処理

G8 G7
有効画素数 1,600万画素 1,600万画素
センサータイプ 4/3型Live MOS 4/3型Live MOS
センサーサイズ マイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
マイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
ISO感度 200~25600
(拡張 100~25600)
200~25600
(拡張 100~25600)
ローパスレス
手ぶれ補正
(5軸 5.0段)
画像処理プロセッサ ヴィーナスエンジン
(バージョン不明)
ヴィーナスエンジン
(バージョン不明)
RAW形式

撮像センサーは4/3型で有効1,600万画素。LUMIX GX7 Mark II(2016年5月発売)につづき、本G8もローパスフィルターレスとなりました。

また、新たに搭載したボディ内手ブレ補正は5段分の補正効果を実現。ボディ側の高精度ジャイロセンサーの情報を用いて、ボディとレンズ両方の手ブレ補正を最適制御する「Dual I.S. 2」に対応し、中望遠~望遠域まで5段分の補正効果を得られる。

g8

オートフォーカス・連写

G8 G7
AF方式 コントラスト検出方式 コントラスト検出方式
AF測距点 49点 49点
測距範囲 EV -4~18 EV -4~18
シャッタースピード 1/4000 ~ 60 秒 1/4000 ~ 60 秒
電子先幕シャッター
フラッシュ同調速度 1/160 秒 1/160 秒
連続撮影コマ数 9コマ/秒(AFS時)
6コマ/秒(AFC時)
8コマ/秒(AFS時)
6コマ/秒(AFC時)
連続撮影バッファ RAW:45コマ以上
JPEG:300コマ以上
RAW:13コマ以上
JPEG:100コマ以上
その他

最高連写速度はAFS(シングルAF)モード時は最高9コマ/秒。AFC(コンティニュアスAF)モード時は最高6コマ/秒となる。ライバル機と比べるとそこまで速いとは言えないかもしれません。

image64

液晶モニタ

G8 G7
画面サイズ 3.0 インチ 3.0 インチ
ドット数 104万ドット 104万ドット
可動式モニタ バリアングル バリアングル
タッチ操作

液晶モニターは3.0型、104万ドット。横に開いて回転するバリアングル式で、パナソニックでは既に馴染みのある静電容量方式のタッチパネルも搭載。

ファインダー

G8 G7
ファインダー EVF EVF
ドット数 236万ドット 有機EL 236万ドット 有機EL
ファインダー視野率(上下/左右) 100% / 100% 100% / 100%
ファインダー倍率 (35mm換算) 0.74倍 0.70倍
最高フレームレート

236万ドットの有機ELパネルのファインダー(EVF)はG7と変わりありませんが、倍率が0.70倍(35mm換算0から0.74倍に大きくなりました。

露出コントロール

G8 G7
測光方式 1728分割測光
マルチ測光
中央重点測光
スポット測光
1728分割測光
マルチ測光
中央重点測光
スポット測光
測光範囲 EV 0~18 EV 0~18
測光モード
露出補正 ±5EV ±5EV

その他撮影機能

G8 G7
ホワイトバランス オート
晴天
曇り
日陰
白熱灯
フラッシュ
ホワイトセット1・2・3・4
色温度指定
ホワイトバランス微調整
ホワイトバランスブラケット
オート
晴天
曇り
日陰
白熱灯
フラッシュ
ホワイトセット1・2・3・4
色温度指定
ホワイトバランス微調整
ホワイトバランスブラケット
アドバンストフィルター ポップ
レトロ
オールドデイズ
ハイキー
ローキー
セピア
モノクローム
ダイナミックモノクローム
ラフモノクローム
シルキーモノクローム
インプレッシブアート
ハイダイナミック
クロスプロセス
トイフォト
トイポップ
ブリーチバイパス
ジオラマ
ソフトフォーカス
ファンタジー
クロスフィルター
ワンポイントカラー
サンシャイン
ポップ
レトロ
オールドデイズ
ハイキー
ローキー
セピア
モノクローム
ダイナミックモノクローム
ラフモノクローム
シルキーモノクローム
インプレッシブアート
ハイダイナミック
クロスプロセス
トイフォト
トイポップ
ブリーチバイパス
ジオラマ
ソフトフォーカス
ファンタジー
クロスフィルター
ワンポイントカラー
サンシャイン
カメラ内RAW現像

動画

G8 G7
映像記録方式 AVCHD Progressive
AVCHD
MP4
AVCHD Progressive
AVCHD
MP4
音声記録
動画記録サイズ/
フレームレート
4K 30p
FHD 60p
HD 30p
4K:30p
FHD:60p
HD:30p
VGA:30p
フォーマット

4K動画機能はG7とほぼ同じ(dpreview)

インターフェース

G8 G7
映像/音声出力・デジタル端子 USB 2.0 USB 2.0
外部マイク入力端子 3.5mm 3.5mm
HDMI タイプD タイプD
USB充電
Wi-Fi
Buletuooth
GPS
電子水準器
内蔵フラッシュ
(GN6.4)

(GN6.6)

これは買うべき?

「G8」は、機能毎にみるとそれほどずば抜けた性能ではないものの、Dpreviewの総合ベストバイに選ばれるなどバランスに優れたハイエンドのミラーレスといえます。

最大のセールスポイントはボディ内手ブレ補正機構を搭載したことで、パナソニックの純正レンズでも標準から広角系の単焦点レンズには手ブレ補正機構が内蔵されていないからです。実売価格はG7よりも数万円上がっており、防塵・防滴性の追加やバッテリーグリップが用意されたなどもあって、ターゲットをこれまでよりも上級者にシフトしてきたといえます。

良いところ

・防塵・防滴性の追加やバッテリーグリップが用意
・4K動画撮影で5軸手ブレ補正が使える
・ファインダー倍率が大きい

微妙なところ

・撮って出しのJPEGの画質がイマイチ
・ヘッドホン入力端子が無い