ソニー「RX100」の製品レビュー

2017年6月1日

 

  • ボディは光沢のあるデザインで、小さいながらもしっかりとした重量と剛健さがあり、持っていてクオリティの高さを感じる。メタルの胴体は、落下や引っ掻きにも耐える強さを持っている
  • ボタンは小さなボディに押しやすく配置されており、使いやすいさには満足がいく。裏面のボタンは撮影するにあたって賢く配置を考えられていると感じる。
  • 撮影機能で秀逸に感じたのは7つの画面からなるFnボタンだ。画面をスクロールしながら必要な設定を素早く行えた。
  • 電源を入れてから撮影可能になるまで2〜3秒を要し、これは早いとはいえない。ただ、とっさの撮影チャンスを逃すこともあるかもしれないが、多くの場合には十分に間に合わせることができるだろう。
  • 3インチ(120万画素)の液晶ディスプレーは、角度を変えても明るくてクリアな画質で、非常に素晴らしい。晴天の太陽の下でも反射を抑えて、クリアな画面であった。ただし、タッチスクリーンではない。
  • 写真にエフェクトをかけるフィルターは非常に多種多様なものがある。しかし、種類が多すぎてエフェクトをオフにするのにモードダイヤルを回し続けなければならない点に不満があった。
  • 高感度撮影はISO800〜1600であってもノイズの低い画質が得られた。ノイズレベルはライバル機のCanon PowerShot100に劣るものであったが、ディテール保持はRX100が優っていた。
  • 絞り値F8での撮影では、画面端でもシャープで良好が画質が得られた。
  • AFは非常に速く正確だ。
  • マクロ撮影は大型センサーのカメラとしては素晴らしい出来で、広角端では5cmまで寄れた。
  • 解像力チャートではJPEGではISO100で2400本まで解像している。
  • PEGのSN比(ノイズ)のテストでは、RX100はライバル機のコンパクトカメラと健闘しているが、低感度ではCanon S100、Canon G12などのライバル機に劣っていた。高感度(ISO 1600〜6400)ではRX100が優っていた。
  • JPEGのダイナミックレンジのテストでは、低感度ではライバルに劣っているが、高感度(ISO3200〜6400)は全てのライバルに優っていた。

<総評>
 RX100は、暗所でもノイズの少ない画質を得るのに十分な大型センサーの搭載を、コンパクトなボディで実現している。本体はジーンズのポケットにも収まるぐらい小さいので、シチュエーションを選ばずに持ち歩くことに重宝するだろう。
 大きな一眼レフがを持ち歩くのが不便なときのバックアップ用カメラを探している人のために、ソニーは実に素晴らしい製品を開発した。スマートフォンや安価なコンデジから乗り換えたい人にもアピールするはずだ。