ソニーがフルサイズカメラ市場のシェア「2位」に(米国)

スポンサーリンク

米ソニーの公式サイトが、ソニーのEマウントフルサイズ機のアメリカにおけるシェアが、金額ベースでニコンを抜いて2位を獲得したとのこと。

 

https://blog.sony.com/press/sony-overtakes-2-position-in-u-s-full-frame-interchangeable-lens-camera-market/

 

2017年のソニーのレンズ交換式カメラやレンズは、前年同期から二桁(23%)の成長。フルサイズのレンズ交換式カメラの市場シェアは全体で5%の成長で、ソニーを除くと全体では2%の減少になるとのマーケットの状況も示しています。

フルサイズセンサー搭載のレンズ交換式カメラといえば、これまでキヤノンとニコンの独壇場でしたが、1位キヤノン、2位ソニー、3位ニコンという構図に変わりました。ソニーはここ何年かものすごい勢いでFEマウントレンズの開発を行ってきましたので、その成果がせ始めたということになりましょうか。

コニカミノルタのカメラ事業を買収してからAマウントではそこまで成功は収めることはできませんでしたが、ミラーレス一眼で新しい成長事業の展開に成功したといえそうです。


PAGE TOP