オリンパスのカメラ事業が黒字化(7年ぶり)した模様!

スポンサーリンク

OLYMPUSが2017年3月期決算を公表しました。それによると、カメラ事業(映像セグメント)が7年ぶりに通年での営業黒字を達成したとの朗報が示されています。

 

 

 

映像事業の売上高は前期783億円から656億円に減少しているものの、営業利益は+26億円となり、5億円の黒字とのことです。黒字化の要因としてはフラッグシップモデル(OM-D E-M1 Mark IIのことと思われる)の投入、既存製品の販売価格が好調であったこと、費用のコントロールの徹底(在庫管理の適正化のことと思われる)をあげています。

なお、コンパクトカメラの売上高は165億円から106億円と急減しているものの、ミラーレス一眼は前期が524億円、今期が495億円と微減にとどまっています。

なお、来期はさらなる増益を目指し、カメラ事業での営業利益を10億円との見通しとしています。カメラユーザーとしては、事業が赤字続きで撤退という悪夢はなんとしても避けてほしいところなので、継続性が認められたことは朗報といえるのではないでしょうか。


PAGE TOP