パナソニック「GH5」のDxoMarkセンサースコアが公表。前モデルから向上も E M-1 IIにはちょっと劣る

スポンサーリンク

総合スコアは77

Via DxoMark

DxOスコアの説明

Overall Score (総合スコア)
RAWによるセンサーの総合点
Color Depth (色の再現性)
カラースペクトラムの幅と色と色との間の分離の度合いを示す指標。これが高いほど、判別される色のニュアンスは豊富になる。
Dynamic Range (ダイナミックレンジ)
白とびや黒潰れしにくさを表す
Low-Light ISO (ISO感度)
暗いところで撮影できる性能のこと

前モデルGH4からは全般的に少しづつスコアが向上

Panasonicのマイクロフォーサーズ機で歴代トップの性能となりました。

 

Via DxoMark

オリンパス OM-D E-M1 MarkIIとの比較

オリンパスのフラッグシップモデルでライバル機であるE-M1 MarkIIは、総合スコアが「80」。総合では若干E-M1 IIに劣るものの、ダイナミックレンジと色再現性はGH5の方がほんの少し良く、高感度性能では大きく差をつけられているようです。

 
via DxoMark