SONY「α7R II」

スポンサーリンク

ないものがない、全部盛りのミラーレス

a7RII_01

主な特徴

・4240万画素の35mmフルサイズ、かつ世界初となる裏面照射式CMOSセンサー
・最大ISO値を10万2400へと拡張
・本体単独での4K動画撮影対応
・ボディ内蔵5軸手ブレ補正機構

デザインとパフォーマンス

フルサイズのイメージセンサーを搭載しながら、本体重量は625g(バッテリーとメモリースティックPRO Duo込み)とかなりコンパクト。

搭載される電子ビューファインダー(EVF)はXGAの解像度でOLED。倍率は0.78倍と大きく、接眼部にはZeissでお馴染みのT*コーティングも施してあります。
a7RII_02

操作系は、α7IIをベースとしたシャッターボタンやグリップ部の新しい配置に変更され、撮影モードダイアルにはロックボタンが追加されています。

バッテリーライフはCIPA規格で340枚(EVF使用時は290枚)で、まずます良好です。

画質とスピード

高画素ローパスレスで画質特化モデルのα7Rの後継モデル。4240万画素の裏面照射型フルサイズCMOSセンサーで、高画素化しただけでなく裏面照射化で高感度ノイズも改善しており、最大ISO 10万2400と暗所に強い。さらに、4000万画素オーバーのブレが目立ちやすい撮影でも、強力な5軸手ぶれ補正、振動の少ないシャッターが採用されており、手持ちでもシャープな画像が得られる仕様になっています。

AF性能も大幅にパワーアップし、従来のコントラストAFだけでなく399点の像面位相差AFも搭載したハイブリッドAF。最大で約40%合焦速度が向上しているとのことです。追尾AF時の連射も秒間5コマまで。

ePHOTOzineのレビューによると、連写はJPEGで4.2コマ/秒で、スローダウンまでに30枚撮影でき、30枚をメモリーカードに書き込むのにおよそ10秒。RAWでは連写は5コマ/秒で、スローダウンまでに20枚撮影でき、書き込みに18秒とのこと。最速5コマ/秒というのはそこまで速いというわけではないかもしれません。

DPrevirewは、α7RIIの位相差AFの性能をテストする動画をアップしています。サードパーティ製のレンズによるテストでは、フォーカシングを実現するにはマイクロアジャストが必要な一眼レフよりも、α7RIIのAFはより正確であると示しています。動画をみると、特に瞳AFの追尾性に驚かされます。

シャッター耐久回数が50万回で、シャッターショックも従来の50%程度に軽減とのこと。

さらに動画もグレードアップしており、カメラ単体での4K撮影が可能でQFHDでの記録ができます。α7Sやα7IIでは、4K撮影に外部レコーダーが必要でした。さらに、撮影後の編集利用に適したXAVC Sにも対応しています。

他メーカのフルサイズセンサーを搭載した高画素モデルでは、「ニコン D810」や「Canon EOS 5Ds」がライバルとなります。レンズ群はフルサイズシステムで先行しているニコンとキヤノンに分がありますが、レンズ群もすごい勢いで充実してきていますし、5軸手ブレ補正など先鋭的な機能で、α7Riiも十分選択肢に入るのではないでしょうか。