SONY「α7S」

スポンサーリンク

SONY「α7S」 暗所での撮影に強いフルサイズ機

α7Sは、約8ヶ月前に発売された前モデルのα7およびα7Rと、デザインと操作系はまったく一緒です。
違うところは、真っ暗な弱光環境でも撮影を可能にするよう設計された1200万画素のセンサーを搭載していることです。さらに、4K動画に対応しており(ただし、撮影するには外部接続の4Kレコーダーを購入する必要あり)、特に動画撮影に力を発揮します。

デザイン

前モデルα7、α7Rとまったく一緒(厳密な点を除いて)。

画質、とスピード

一般的なフルサイズの一眼レフカメラの解像度はだいたい2000万〜3000万画素ぐらいが普通。ソニーのフルサイズセンサーを積んだミラーレスも、αが24メガピクセル、α7Rは36メガピクセルでした。ところが、α7Sはたった1200万画素。イマドキのカメラとしては少ないようですが、これはあえて画素数を抑えて高感度や階調を重視したモデルです。

弱光環境でのパフォーマンスは驚異的になったことがポイントで、ISOは100から409,600まで設定可能。もちろんすべてのレンジが実用レベルというわけではありませんが、ISO3,200〜12,800の高感度の領域であっても、他のどのカメラよりもノイズが少なくディテールに富んだ画質を得ることができます。

こちらの動画をご覧ください。

カメラは、一般に同じセンサーサイズなら画素数が少ない方が高感度に強くなります。1画素あたりの面積が広くなり、光を多く受けられるからです。弱光環境での撮影能力が高いため、写真にしても、動画にしても、例え機材が足りていなくても場所を選ばず写真を撮影できる自由が生まれます。

薄暗い環境でそれなりの写真を撮影するには、ライトなりレフ板なりの道具が必要になるわけですが、そうすると機材を揃えるのにお金もかかるし、かさばるわけです。また、それらの道具が使えない場所で撮影しなけばならないシチュエーションもあります。一方のα7Sは、本体だけで他のどのカメラよりも思い切った撮影ができ、最善な結果を提供してくれます。
でも、1200万画素のセンサーは、写真を大判で印刷をしたい人に厳しいものがあるでしょう。
もし写真を印刷するなら、203×254ミリまでなら問題なく
いけます。これ以上のサイズになってくると、印刷クオリティが落ちてきます。ただ、トリミングの微調整をする位なら、1200万画素でも十分です。基本的に印刷をしないでPCの画面でみるだけなら問題を感じたりはしないでしょう。

DxOMarkのセンサースコアによると、これまでISO高感度のベストスコアだったニコン Dfの ISO3279 を上回る ISO3702 を叩き出しています。
via:Sony Alpha 7S sensor review: New low–light champ

Sony A7S versus Nikon Df

Sony A7S versus Sony A7

  • ソニー 「α7S」の総合スコアは 87 で、「ニコン Df」(89) や「ニコン D4」(89)などの対抗機と同等の総合スコア。
  • ISO高感度性能(Low-Light ISO)は、ISO3702 とDxOMarkがこれまで計測してきたカメラの中で最高値である。これまでISO感度のベスト機だった「ニコン Df」は、α7Sよりもわずかに画素数が多い1620万画素で、スコアはISO3279。その差は1/6段分で、実際に使用した場合は気づかない程度思われる。
  • その他の項目では、色の再現性とダイナミックレンジは「ニコン Df」がわずかに良いスコアであるが、これはISO感度が上昇するに従って差が縮小していく。ISO3200以降であれば、α7Sの方が優位である。
  • ソニー兄弟機と比べてみると、画素数の違いもあり、総合スコアは「α7/α7R」には及ばない。「α7S」はISO高感度性能を大きく向上させた結果、色の再現性やダイナミックレンジなどのパフォーマンスを犠牲にしていることがわかる。ISO3200以降は、「α7S」が「α7/α7R」よりも良パフォーマンスだ。

動画

フルサイズセンサーを搭載して、動画の性能が高いカメラといえば、キヤノン「5D Mark III」が有名。ニコンのフルサイズの一眼レフではモアレやエイリアシング問題が発生するのでイマイチ、α7やα7Rの動画は平均レベル、と言われてきました。

α7Sの動画撮影フォーマットは、最高で1920×1080(60p/50Mbps)となり、HD(1280×720)なら120pのスローモーション撮影もできます。動画の性能も、米ギズモードのレビューでは、5D Mark III以外で、フルサイズで動画が撮影できるカメラは他に選択肢が無い、と評価されています。

1,080ピクセルのクオリティがあまりに素晴らしいので救われます。ヴィデオ信号はセンサからフルサイズで送られるα7Sのクオリティは、どの競合各製品より優れています。

一般的なヴィデオカメラに見られる、エイリアシングやモアレ現象をほぼ取り除いてくれますし、ビットレートはXAVC Sで50Mbpsで、クリアでキリッとした動画が撮影できます。
http://www.gizmodo.jp/2014/07/sony_a7s.html

弱点としては、ローリングシャッター現象(高速に動くものを撮影したときに進行方向に向かって像が歪んだり、ストロボのようなごく短時間の発光があると画像の垂直方向に明暗ができてしまう現象)の存在が指摘されています。高速に動くものを撮影することがそんなにない人であれば気にならないでしょうが、全体としては由々しき問題です。

もうひとつ。α7Sは4K動画の撮影にも対応しました。ただし、誤解しないでいただきたいのは、4Kで撮影するには、サードパーティ製の別売りの4Kレコーダーを購入する必要があることです。サードパーティ製では、ATOMOSの「SHOGUN」というレコーダが、20万円程で販売されています。本体だけで気軽に4K動画を録りたい、という人は、現行モデルならパナソニックの「GH4」か「Nikon 1 J5」という機種もあります。

スピードとパフォーマンス

その他のα7Sの機能については、ほとんどα7と一緒です。オートフォーカスもα7と同様にそこまで速くはありません。

メニューシステムも一緒ですが、α7Sには動画設定の中にピクチャープロファイルが調整できるソフトウェアが追加されています。
大きな変更はシャッター音を消せる「サイレント撮影」機能を搭載したこと。自動的に電子シャッターを使用することでシャッター音が消えます。α7はミラーレスにしてはシャッター音が大きめだったので、静かな環境で撮影しないといけないときには重宝します。

バッテリーの持ちは少しよくなりましたが(CIPA規格でファインダー使用時、約270枚→320枚)、それでもあまり長くはありません。しかし、バッテリーが最初から2つ付いています。

α7とα7Rは、レンズを接続するマウントの内側がプラスチックになっており、レンズを装着したときに、たわみが生じたり、プラスチックの粉末がセンサーに付着することが報告されていました。一方のα7Sは、これがこっそり改善されており、すべて金属に変更されており、プラスチックが摩耗する心配がなくなりました。

これは買うべき?

動画撮影の用途で、フルサイズセンサーを搭載するカメラを探しているのなら、ソニーのα7Sは選択肢として絶対検討するべきです。ライバル機はキヤノンぐらいしかありません。
1200万画素のセンサーは、写真を撮って大判印刷をしたいユーザーには若干のジレンマを感じるところがあるかもしれません。でも印刷するのでなければ十分なピクセルですので、問題ないでしょう。
4K動画を撮影したいのなら、本体だけで撮影できるパナソニックのGH4は、機能もオプションの数も使いやすさも上をいってます。でも、GH4のマイクロフォーサーズのセンサだと弱光環境での撮影があまり得意ではないし、弱点も多い。4Kにこだわらないのならα7Sの方がビデオのクオリティは上でしょう。
弱点としては、フルサイズのEマウントレンズ(FEレンズ)の選択肢が少ないことがあります。純正レンズの選択肢は、28-70mm/f/3.5-5.6 の標準レンズか、高品質のツァイス24-70mm f/4のレンズしかありません。標準の方はクオリティがちょっと微妙。ツァイスの方は品質は上ですが値段が高い(約12万円)ことがネック。

良いところ

  • フルサイズクオリティの動画が撮影できる
  • 弱光環境でのパフォーマンスがとても高い
  • マウントの内爪が金属に強化された

微妙なところ

  • 1200万画素は、写真を大判印刷したい人には厳しい
  • 操作系ボタンやダイヤルのレイアウトは、動画撮影用に特化されているわけではなく、ライバル機のGH4などの方が使いやすい
  • α7シリーズ用のフルサイズレンズ(FEレンズ)の選択肢が非常に少ない
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 本体だけで4K動画の撮影ができない

サンプル画像が見られるサイト

★kasyapa
★PHOTO YODOBASHI
★PHOTOHITO
★flickr
★GANREF
★500px

他サイトのレビュー

GIZMODO ソニーα7S米ギズレヴュー:フルサイズ動画撮影の新しい王者が誕生した

ITmedia デジカメプラス すばらしい高感度性能 ソニー「α7S」の実力をひも解く